ブログ

大会後の回復を早める方法

先週はいびがわマラソン、岡山マラソン、横浜マラソン。
そして今日は、神戸マラソンがありましたね。

参加された皆さん、お疲れ様でした!

大会の翌日は、「アクティブレスト」で少しでも体を動かすと血液の循環が良くなり、回復が早くなります。
大会明けの翌日は、ウォーキングでもいいので20~30分体を動かしましょう。

スポーツクラウドの”大会後のケア方法”の記事を紹介します。

『試合のダメージは、練習よりも自分が想像しているよりも大きい場合がほとんどです。緊張や興奮による精神的なダメージ、肉体を酷使する肉体的なダメージ、心身両面を回復する必要があります。

サッカーJ1のG大阪は、試合後にすばやくアミノ酸のサプリメントを摂取し、炭水化物を多くとるそうです。翌日はプールでのアクティブレスト、2日後を完全休養に充て、1週間で1試合以上をこなすハードスケジュールを乗り越えていくそうです。

スポーツは様々ですが、共通するポイントを簡単に紹介します!

①素早い栄養補給
まずは、糖質を多く摂取することを心掛けましょう!炭水化物(ご飯など)を多めに好きなおかずを食べましょう。できるだけ早い時間(2時間以内が理想)に食べることで回復を早めます…

②試合後のクールダウンを念入りに
練習後でもそうですが、やはりクールダウンに多くの時間を費やしましょう!ジョギングも多めに行い、ストレッチも試合後の会場でできるだけ早く行いましょう。時間目安としては、合計で30分を目安に行いましょう!痛みや炎症を起こしている場合は、素早いアイシングを忘れずに!

③ぬるめのお湯でゆっくり入浴
ぬるめのお湯にゆっくりつかり、(半身浴でも可)心身のリラックスを心掛けましょう。熱いお湯よりも、ぬるめのお湯の方が筋肉の内部が温まり、疲労が抜けやすいです。銭湯に行く場合は、温冷浴(サウナと水風呂の後退浴)を行うといいですね。

④入浴後はストレッチ!
ストレッチのゴールデンタイムと言われている入浴後!ダウン後にも行いますが、試合の日は入念に行いましょう!疲れてストレッチをするのもめんどくさい。そんな気持ちになりがちですが、10分だけでも翌日の疲労感は違ってくるでしょう!

⑤よりよい睡眠を!
以上の①~④を行うことで、自然と良質な睡眠をとることが可能になってくると思います。しっかりと熟睡して、回復を早めましょう。寝る前に腹式呼吸を行うことも効果的です!』

◆通常の試合後の回復を早める方法!試合当日のケア方法
http://sports-crowd.net/detail.php?no=2778

 

ランアップでは、
明日11月18日(月)にイルミネーションランを、
11月19日(火)に「CITY NIGHT RUN」を開催します。
11月20日(水)のガールズ☆ランクラブ練習では、セルフケアにオススメのお灸講座を行います。

大会明けの皆さん、 ”アクティブレスト” をかねて参加しませんか?
完全休養よりも少しでも体を動かしたほうが、血液の循環が良くなり、疲労回復につながりますよ。

イルミネーションはこちら
CITY NIGHT RUNはこちら
ガールズ☆ランクラブはこちら

 

その他のイベント・練習会情報


イベント一覧ページはこちら

 

メルマガで情報を配信中!
メールマガジン登録はこちらをクリック

フォローお待ちしています!

◆instagram:@runup_nagoya
◆Facebookページ:https://www.facebook.com/runup.running/
◆Twitter:@runup_nagoya

 

 

ABOUT ME
runup
Runupは気軽にランニングが楽しめるようランニング練習会やイベントを企画・運営してます。仲間やコーチと一緒に楽しく走りましょう。皆様のご参加、お申込みをお待ちしています。ぜひお気軽にお申込みください。