ランニング情報

<大会当日のアドバイス>有森裕子さんと中村友梨香コーチの言葉を紹介!

ウィメンズマラソンがいよいよ明日になりました。
お祭りが始まるなぁと気持ちが高ぶってきます。

大会が明日にせまって、ドキドキや不安の気持ちがあると思います。
私もこれまで10回以上フルマラソンを走ってますが、何度走っても緊張しますし不安になります。

こういう時に、数年前の神戸マラソンのエキスポで有森裕子さん(バルセロナ、アトランタ五輪女子マラソンメダリスト)が話された内容を思い出してます。

有森さんがお話しされた内容です

『大会までに10個やらないといけないことがあって、そのうち1個しかできなかった
とします。
できなかった9個を考えるんではなくて、
出来た1個のことだけ考えればいいんです。
“1週間に1回は走ったとか・・・”
何でもいいんです。
“せっかく”
という言葉をまずつけて言葉にしてください。
そうすると、ポジティブな言葉になります。
“せっかく、走るんだから、楽しんで走ろう!”
とか・・・。
当日は、いかにポジティブに気持ちを持っていくかが大事。
スタートラインに立ってしまえば、あとはゴールを目指すだけです!』

有森さんからこの話しを聞いて、すっと気持ちが楽になったのを今でも覚えてます。
せっかく神戸まで来たんだから楽しもう!と思えて、カーボローディングと称しお腹がパンパンになるまで食べました。

そしてガールズラン☆クラブの中村友梨香コーチ(北京オリンピックマラソン女子日本代表)も同じような事をお話しされてました

中村友梨香コーチの言葉です

「小さなよいことは褒めまくり、良くないことは消します。
具体的に”消す”とは、
・今日調子の悪いのはたまたまだ、明日、明後日は最高になる!
・走り初め重かったけど、最後軽くなったから私の調子はめっちゃ良い!!
それが、メンタルのコントロールになります。自分の脳は、良い言葉をたくさんつぶやくとポジティブになると言われています。
ラスト1週間は、とにかく小さくても私生活でも、練習でもポジティブな要素を見つけたら、大きく大げさに褒めてみてください。ネガティブなことは逆に都合よく、”たまたま、今日だけ”という感じで、小さくとらえ、消してください。
大切なのは、”どうやって自分の気持ちを上げていくか” です。
また、生活リズムでは、睡眠を多く取れるよう心がけてくださいね!!

 

今はドキドキと不安でいっぱいだと思います。
“せっかく”ウィメンズマラソンを走るので、笑顔で当日を迎えましょう。
そしてゴールしましょうね♪

 


※ガールズランクラブ:https://girlsrunclub.jimdo.com

ABOUT ME
runup
Runupは気軽にランニングが楽しめるようランニング練習会やイベントを企画・運営してます。仲間やコーチと一緒に楽しく走りましょう。皆様のご参加、お申込みをお待ちしています。ぜひお気軽にお申込みください。